サイトコントローラーとは? 仕組みや機能、料金を比較します

ホテルのシステム

最近では多くのホテル・旅館でサイトコントローラーを使ってOTAや公式HPの料金をコントロールしています。

インターネットによる販売が主流となっている現在のホテル・旅館の予約業務において、サイトコントローラーの知識やノウハウは不可欠です。

今回は、主なサイトコントローラーの紹介、費用含めた各サイトコントローラーの比較をします。

サイトコントローラーの新契約や乗り換えを検討している方、新たにネット担当になった方は是非ともご覧ください。

サイトコントローラーとは

サイトコントローラーとは、複数の予約サイトの在庫や料金を一括で管理するシステムです。
サイトコントローラーを活用することで、在庫を効率的に管理し、売上アップやコスト削減、業務時間の短縮ができます。

以下は、サイトコントローラーの機能を表した図です。

サイトコントローラ概念図

ホテルは通常、じゃらん、楽天トラベルといったOTAや、自社サイト等、様々なサイトで部屋を販売しています。

各サイトの在庫設定を予約がある度に個別に行っていると、非常に手間がかかるうえ設定ミス・遅れによるオーバーブッキング等を起こしかねません。

サイトコントローラーを使うと、1つのサイトから入ってきた予約情報がサイトコントローラーに流れ、自動的に他のサイトの在庫を増減させてくれます。

そして、サイトコントローラーと連携しているPMSにも、サイトコントローラーから予約情報が流れます。

また、料金を変更する際も、サイトコントローラー上で操作を1度すれば、自動的に全てのサイトの料金が変更されます。

サイトコントローラーを使うことで、在庫の増減や料金調整をわずかな手間で行えるのです。

各OTAの在庫を一つひとつ調整する手間が省け、販路拡大が容易になるため、販売機会の最大化・売上アップにつながります。

また、ネットの在庫調整作業時間を大幅に減らせるため、業務の効率化やコスト削減の効果もあります。

サイトコントローラーとPMSの違い

ホテルで広く使われているシステムとしては、サイトコントローラーの他にPMSがあります。

OTAや公式サイトからの予約情報は、サイトコントローラーを経由して、PMSに流れるため、サイトコントローラーとPMSは相互に連携していますが、別のシステムです。

PMSは、部屋割りや清掃管理等に加え、売上や顧客情報等をまとめて管理するシステムです。

サイトコントローラーが、OTA等の主にホテル外の「販売チャンネル」を管理するシステムであるのに対し、PMSはホテル内の「フロント業務」を管理するシステムなのです。

主なサイトコントローラーの比較

国内外で様々な企業がサイトコントローラーを提供しており、費用や特徴が異なります。

以下は、日本のホテル・旅館で利用されている主なサイトコントローラーの一覧です。
ホテルのサイトコントローラー選びに是非ご利用ください。

TLリンカーン

TLリンカーンは、リクルートとJTBの共同出資で設立されたシステム会社、「シーナッツ」が提供するサイトコントローラーです。

大手チェーンホテルやシティホテルで広く利用されており、導入施設数は全国で5,000件です(シーナッツ公式HPより)。

旅行会社とネット販売の一括管理が可能である等、規模の大きい施設向けの機能が備わっています。
また、大手企業が設立した会社ということもあり、システムの安定性も高いです。

初期費用や月額費用は、他のサイトコントローラーと比較するとやや高めですが、中規模以上(100室以上)の施設や、旅行代理店を使っている施設におすすめです。

TLリンカーンの公式HPはこちら

ねっぱん++

楽天グループである株式会社クリップスが提供するサイトコントローラーで、他のサイトコントローラーに比べ割安なコストで利用できます。

また、通常はほぼ現地決済のみの海外OTA、Booking.comについて事前決済を適用させることが可能です。

旅行代理店とネット販売の一括管理はできませんが、サイトコントローラーにかける費用をなるべく抑えたい、ネット販売中心の施設にとっては良いでしょう。

ねっぱん++の公式HPはこちら

手間いらず

「手間いらず株式会社」が提供するサイトコントローラー「手間いらず」の最大の特徴は、連携可能なサイト・サービスの多さです。

国内外の大手OTAはもちろんのこと、各種メタサーチやホールセラー等とも連携可能で、連携サービス数は業界No.1です(手間いらず公式HPより)。

国内外の様々なサイト・サービスと連携できるため、販路をなるべく拡大したい施設におすすめです。

手間いらずの公式HPはこちら

名称特徴おすすめ施設初期費用月額費用
TLリンカーン・旅行会社とネット販売の一元管理が可能

・システムの安定性が高く大手ホテルチェーン等も導入
・中規模以上(100室以上)

・旅行代理店を使っている
100,00015,000
ねっぱん++・ローコストで小規模ホテル(100室未満)でも利用しやすい・規模が小さく経費をできるだけかけたくない

・ネット予約のみ管理できれば良い
50,0005,000
手間いらず・国内OTAの他、ホールセラーやメタサーチ等とも連携可能

・民泊にも対応
・国内外含め販売経路をなるべく増やしたい

・民泊として運営している施設
50,0009,000
らく通with・JRグループが開発

・初期費用無し、月額固定料金
・初期費用を抑えたい09,800
Beds24・月額3,300円~と低価格で利用可能

・世界中で約18,000施設(日本国内:2,145施設)で稼働中
・ランニングコストを抑えたい

・小規模(100室未満)
6,0003,000
主なサイトコントローラー一覧


サイトコントローラーを上手く活用し、効率的な在庫管理を実現しましょう。

個別のサイトコントローラーや、PMS、予約エンジンについても知りたい方は、以下の記事も併せてご覧ください。

サイトコントローラー、ねっぱん++の料金や評判について解説します

サイトコントローラー、手間いらずの料金や評判について解説します

サイトコントローラー、TLリンカーンの料金や評判について解説します


ホテルの公式ホームページ予約システム、予約エンジンのまとめと比較

ホテル管理システム、PMSとは?おすすめPMSを比較しました

ホテル向けおすすめチャットボットの比較~AI活用でホテルの業務効率化、人手不足解消に役立ちます