ホテルのグローバル転職サイトを紹介します~海外転職を考えているホテルマンはご覧下さい

ホテルマンのキャリア・転職エージェント

ホテルマンの中には、自分が海外旅行が好き、海外のホテルで過ごすのが好き、外国人と交流したい、等の理由でホテルに就職された方も多いのではないでしょうか。

さらに、いっそのこと海外で働きたい、海外でホテルの仕事にチャレンジしたい、という方もいるでしょう。

今回は、海外のホテルで働く夢を叶える、ホテルマンのためのグローバル転職サイトを紹介します。

Daijob.com

  • 全世界の241都市、61の言語スキルから求人を検索可能
  • 外資系企業の人事と直接会える「Daijob Go Global Career Fair」を開催
  • 履歴書を1枚登録しておけば、外資系企業やホテルからのスカウトが届く

Daijob.comは、1998年から運営されている外資系・グローバル企業の転職サイトです。

国内外問わず、外資系企業やグローバル企業の求人を見ることができ、履歴書を1枚登録しておけば企業からのスカウトが届きます。

ホテルについては、会社名非公開の求人が多く、Daijob.comに掲載されている人材紹介会社に一度アプローチする必要はありますが、一般には公開されていないホテル求人に応募できます。

掲載されている求人の例を挙げると、「グアムのホテルの料飲部門長」「タイのホテルの新規オープニングメンバー・マーケティング担当」「インドネシアのリゾートホテルチェーン・営業部長」等、様々な国やポジションの求人が掲載されています。

マレーシア、インドネシア、シンガポールといった、東南アジア圏のホテルの求人が多いので、東南アジアで働きたい方には特におすすめです。

Samurai job

  • 年収700万円~の高収入求人が豊富
  • Samurai job独占のオリジナル求人を紹介
  • 海外ホテルの上級管理職・企画部門へ転職できる可能性もあり


Samurai Jobは、グローバルなネットワークを持つムーンコミュニケーションズ・エンタープライゼス社と、ハイクラス転職に強みを持つ、ジェイ エイ シー リクルートメント社が共同運営するグローバル・外資系に特化した転職エージェントです。

年収700万円~2000万円の求人が豊富で、海外ホテルへの転職においては、ゼネラルマネージャー(支配人)クラスの求人があります。

高年収の求人がメインであるため、海外転職の求職者に求められる経験も、シティホテルの支配人等の上級管理職経験×語学力や、マーケティング部門の管理職経験×語学力等、ハードルが高くなります。

転職の難易度は高いですが、転職に成功すれば海外転職&年収アップが狙えます
経験やスキルに自信のある方は、是非登録してみましょう。


GJJ海外就職デスク

  • インドネシア、カンボジア、ベトナム等の海外ホテル求人が豊富
  • 新卒者の海外就職もサポート

GJJ海外就職デスクは、アジア圏の求人を数多く取り扱っており、カンボジア、インドネシア、ベトナム等、他のサイトでは掲載が少ない国の独自求人が多数掲載されています。

具体的な求人の内容は、「カンボジアのプノンペンのホテルでリレーションシップマネージャー」「ベトナムのホーチミンのホテルで営業職」等が掲載されていることが多いです。

給与は現地採用水準の求人が多いため、待遇の振れ幅は求人によってバラツキが多いですが、「ミャンマーで働きたい」「インドネシアで働きたい」といった、ピンポイントの希望がある方には良いサイトです。

サイト上に海外転職をした人の体験談等が、転職者の実名・写真付きで紹介されており、海外で働くイメージも付きやすいため、一度サイトを覗いてみるのも楽しいです。


JAC Recruitment

  • 国内グローバル企業や外資系企業の高待遇求人が多い
  • 世界各国のネットワークを活かした独自の求人を紹介
  • 管理職や専門職の求人に強い


JAC Recruitment(ジェイエイシーリクルートメント)は、イギリス発祥で世界中にグループのネットワークを持つ転職エージェントです。

同社はアジア8カ国とイギリス・ドイツに拠点があり、日系グローバル企業の海外勤務の求人や、大手外資系企業の求人が豊富です。

業種としては、メーカーの求人が多く、ホテルやサービス業の求人は少なめですが、専門職・管理職の高年収求人が多いため、好待遇の転職を狙えます。

また、30代後半~40代の転職にも強いため、経験を積んだホテルマンのキャリアアップにも役立つでしょう。


マイナビ転職

  • 海外の希望勤務地と業界を絞ってピンポイント検索ができる
  • 35歳以下の利用者が多く若手の転職に強い
  • 求人詳細ページの写真が豊富で職場のイメージがつきやすい

マイナビ転職は、日本の大手転職会社のひとつです。
日本国内の転職がメインの同社ですが、「マイナビ転職グローバル」という、グローバル転職専門のサイトも運営しています。

マイナビ転職グローバルの特徴は求人の探しやすさで、勤務地や業界を絞って求人検索できるため、「インドネシア勤務×ホテル業界」「香港勤務×ホテル業界」等、海外の希望勤務地を指定してホテル業界の求人を探せます。

また、求人詳細ページの写真も豊富なため、仕事や会社のイメージもつきやすいです。

マイナビ転職は、20代~35才以下の若手ユーザーが多い求人サイトで、応募者の60%が35歳以下です。
若いうちに海外で働くチャンスを掴みたいホテルマンは、一度サイトを覗いてみましょう。

World post

  • 企業の掲載料金が無料なので独自求人が多数あり
  • メキシコやパプアニューギニア等のマニアックな国の求人もあり
  • 海外×飲食業界の求人も揃う

World postは、企業の求人掲載料金・成約報酬等が無料の、海外求人専門サイトです。

求人企業の費用負担が無いため、他の有料サイトには掲載されない独自求人が多数あります。

他のサイトと同様、アジア圏の求人がメインではありますが、「メキシコのホテルレストラン業務マネージャー候補」「バヌアツ共和国のホテルシェフ」等、マニアックな国の求人もあります。

また、飲食業界の求人も多数掲載されているため、ホテルの飲食部門の経験を活かして海外で働きたい方にもおすすめです。

特に寿司職人は海外の需要が大きく、シンガポール等の物価が高い国であれば、日本円にして月間で60万円前後の高級を稼ぐことも可能です。

Doda

  • 海外の希望勤務地と業界を絞ってピンポイント検索ができる
  • 35歳以下の利用者が多く若手の転職に強い

Dodaは、日本の大手転職サイトのひとつです。
海外求人の数は多くはありませんが、海外の希望地と業界を絞ってピンポイントで検索ができるうえ、エージェントサービスを利用して希望勤務地・条件を伝えておけば、サイト上で公開される前の求人案件を紹介してもらうことも可能です。

また、Dodaは面接対策・書類作成等のサポートも充実しているため、はじめて転職を考えている方にもおすすめです。

英語面接や、英語の履歴書をはじめて作成する際に、アドバイスをもらうこともできます。


グローバル転職を目指すための準備

いきなり海外のホテルに転職するのは難しい、と感じる方もいるでしょう。
今すぐには難しいとしても、将来グローバル転職するためにも以下の準備をしておくと良いでしょう。

英語

グローバル転職を目指すのであれば、英語は必須です。
英語は世界で最も使われている言語であり、多くの大手外資系ホテルでは英語が社内のコミュニケーションに使われています。

英語圏の国では、現地のゲストの接客で英語を頻繁に使うことになるため、ある程度の早さで話される英語も聞き取れる必要があります。

同じ経験やスキルを持つホテルマンであっても、英語を使えるか否かで、選択できるキャリアの幅が大きく異なります。

ホテル業務の忙しい合間を縫って英語を身に付ける必要がありますが、最近はネット上で英語ネイティブの講師と話せる、インターネット英会話スクールも数多くあるので、1日30分でも続けてみましょう。

ホテルの料飲部門の経験

海外ホテルの求人において、飲食部門の求人は多いです。
特に、日本料理のレストランや、寿司レストラン等が併設されているホテルにおいて、日本人の料飲部門経験者のニーズは強いです。

もしも料飲部門に興味があれば、日本にいるうちに異動して経験しておくのも良いでしょう。
英語が使えれば尚良いです。


今回は、ホテルのグローバル転職サイトについて紹介しました。
ホテルマンの転職に興味のある方は、以下のページもご覧下さい。

ホテル業界の転職におすすめの転職エージェントや求人サイトを紹介~正社員の中途採用からアルバイトまで

30代のホテルマンにおすすめの転職エージェントや求人サイトを紹介します

ホテルのフロントから転職する方法や、面接の志望動機に盛り込むべき内容を解説します

ホテル・旅館からの転職を成功させる方法や、ホテルマンにおすすめの業界・転職先を解説します

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です