SAINT LAURENT PARIS(サンローラン・パリ)になった時

SAINT LAURENT PARIS(サンローラン・パリ)になった時

SAINT LAURENT PARIS(サンローラン・パリ)というブランドをご存じでしょうか。

もちろん知っている方もいらっしゃると思うのですが、全く聞いた事のないとおっしゃる方も、もちろん居ると思います。

このブランドの始まりはどのようなモノからだったかをまとめてみました。

まずはSAINT LAURENT PARIS(サンローラン・パリ)のブランド名が出来た過程を簡単に一言で言いますと、SAINT LAURENT PARIS(サンローラン・パリ)は言わずと知れたYves Saint Laurentの改名された名前ということです。

なぜ有名なYves Saint Laurentの名前を改名することになったのか、Yves Saint Laurentの始まりについてお話しする必要があります。

ピエール・ベルジェ、アメリカの実業家マック・ロビンソンとイヴ サンローランが1962年にオートクチュールのメゾンとしてYves Saint Laurentをオープンさせたのですが、その創設者でもあるイヴ・サンローランはとある大会に出場し、カクテルドレスでドレス部門の最優秀賞を受賞することになり、注目を浴びました。

2008年、走り続けてきたイヴ・サンローランが死去の後、後継者として、2012年にエディ スリマンがイヴ・サンローランのクリエイティブ・ディレクターに就任した時にファッション部門のブランド名をサンローランに改名することとなりました。

SAINT LAURENT PARIS(サンローラン・パリ)は2012年にYves Saint Laurentから改名したという流れです。

ですので、元々はYves Saint Laurentだったという事です。

もし使わなくなった服などがあればブランド古着店などで買取してくれますので覗いてみて下さいね。

髪型はめったに変えない

髪型はめったに変えない

美容にまつわるアンケートはさまざまありますが、美容室が髪をテーマに実施したアンケートがあり、これがなかなか参考になります。

サンプルは首都圏の20代から30代の女性であり、美容室チェーンの顧客400名の回答結果となっています。

質問のひとつめは「あなたが大きくヘアースタイルを変えたのは、最も最近でどのくらい前のことか?」という内容になっており、1位は「2年以上前」というもので26%、2位は「1ヶ月以上3ヶ月未満」で15%強、3位は「3ヶ月以上半年未満」であり13%、4位は「1年以上2年未満」で12%、5位は「覚えていない」の12%弱、6位は「半年以上1年未満」で11%強、7位が「1ヶ月未満」の11%弱となります。

比較的ばらけているといえる回答状況ではありますが、少なくとも1年以上は髪型を大きく変えていないという女性が、全体の40%弱を占めているということは言え、ヘアースタイルについて若干保守的な側面を持つ女性が多いのだという傾向を表したものとなっています。

なお、ここでは細かな内訳状況などの結果紹介を割愛していますが、回答を20代と30代に分けてみてみると、「2年以上」ヘアースタイルを大きく変えていないとする回答の割合が、一気に32%弱まで増加する状態があり、年代があがるほどに、女性は大きくヘアースタイルを変えることを嫌うことが分かる回答内容となっています。

なお、この質問では、カラーを変えることは含まない形ですから、変化が欲しいときにはトーンを変えているのかも知れませんね。

美容室にとっては、あまり好ましくない回答結果かも知れませんね。

ちなみに新宿のココ池袋のココは評判も良いので行ってみる価値がありそうです。

カラコンとフレームオンリーのメガネ

カラコンとフレームオンリーのメガネ

視力補助のために すでにカラコンを使っているから

メガネをファッションアイテムとして取り入れるアイデアが無かった。

という方や

逆に、視力補助はメガネに任せてるから

カラコンを使う意識が無かったという方にも

是非 カラコンはオススメしたいファッションアイテムです。

視力に問題は無いけど メガネをつけているという方は

実は意外と多いのです。

芸人さんの おぎやはぎの小木さんや さまぁ~ずの大竹さんは

視力に問題はないけど アクセントとしてメガネを使用しています。

レンズが煩わしいから フレームオンリーにしている方も多いですね。

そんなフレームオンリーのメガネと

カラコンの相性を楽しむのも ファッショナブルでいいのではないかと思います。

カラコンは色味や瞳を大きく見せる効果で

印象を変えることができる重要なアイテムなので

カラコンで目や顔の雰囲気の変化を楽しみながら

フレームオンリーのメガネなどもファッションツールとして使っていけたら

よりオシャレかと思います。

世田谷駅の美容室

二日酔いだ。ホームページ制作の事も考えないといけないのに。。

二日酔いだ。ホームページ制作の事も考えないといけないのに。。

絶賛二日酔い!
なかざわです。
うおーあたまいたーい\(^o^)/

昨日は、わたしがやっとお酒飲めるようになったので
(服薬期間が終わったんですー(^з^)-☆)
Twitterで呼びかけて、突発飲み会やりました。
飲み仲間に聞いたんだけど、ホームページ制作するのって結構費用かかるのね。。
私も今作ろうとしていて制作会社探してたんだけど、良いホームページ制作会社紹介してもらった。
このホームページ制作の会社なんだけど、安いし対応も良いから探してる人はチェック!

そんなこんなで面識関係なく、集まりたいやつ来いよ!という
ざっくばらんな提案にもかかわらず、3人も集まってくれて
しかもわたし以外初対面のわりに盛り上がれて
安心したら一気に酔いが回ったのでした(笑)

ふらふら歩いてたのは覚えてるけど、
みんなと別れてからの記憶が飛び飛びなので
帰宅までに何かあってもわからないこの危うさ(笑)
わらえないです!すみません!

でも、とにかくたのしいおさけでした。
来てくれたお三方に感謝。

飲む前に、やっとネイル行けました。

もう終わっちゃったけどバレンタインのある月ということで
うすいピンク×うすい茶色でアポロカラーネイルに。

このカラーリング、わたしには甘すぎる!
と思って迷ったんだけど
たまにはいっかー、とね、思って。
nailbookっていうアプリを参考に、
自分なりにアレンジしました。
ネイルのデザインはめちゃくちゃ楽しい!

今日は仕事の関係でスーツ。
これからスーツ率上がりそうなので、
きりっと着こなせるようになりたいもんですな。

トリックスターというのがいる。

トリックスターというのがいる。

トリックスターというのがいる。

そいつのおかげで、秩序が乱され、混乱させられ、予定が狂わされる。
かなり厄介で困ったヤツ。でも、どこか憎めない。

映画、芝居、小説では必ずそういう人物が必要だ。
でないと、たんたんと物語が推移してつまらない。

子供の頃、テレビを見ていて、ああこいつがいなければ、安心してみていられるのに、不愉快で邪魔なヤツとよく思っていた。

でも、そいつのおかげで、ドラマがおもしろくなっているんだよね。

わがやの場合には、ワンコがそれだ。
ぼくとニャンコだけでは、たんたんと日々が動いていくだけ。
ニャンコはほとんど静かで、寝ているだけだし。

ところが、うちのワンコは、毎日、何かしでかしてくれる。
今朝は、なにかごそごそと音がすると思ったら、ムートンのカー古着を買い取ってくれる店をぐしゃぐしゃに食いちぎっていた。
こないだは、畳をボロボロにした。

まあ、おかげで、片付けと掃除が進む。
空気の入れ替え、模様替えができて、清々とした空間が生まれた。

まあ、人間関係でも、そういうトリックスターの役割の人がいるし、また自分がそういう役割をもつ羽目に至ることもあるな。